労使交渉開始に伴い感じること

おはようございます。

1月も末になり、そろそろ

春季労使交渉が始まりました。

具体的な内容については各種報道に譲りますが

私としてふと思ったことがあるのです

 

それは

”今のサラリーマンは、企業や社会から求められていることが

自分が就職した時よりも格段にレベルがアップしている”

 

ということです。

 

批判が多い年功序列型・終身雇用制度ですが

今後は、ある意味実力社会の傾向がさらに

強まってくることでしょう。

適正な労働成果に対する適正な賃金という意味では

ある意味正しいかと思います。

 

ただ、「人としての秩序」はどうでしょうか?

例えば、営業マンの場合年中二日酔いブーブーの状態でも

営業成績さえ上げればそれが認められるのでしょうか?

 

あるいは、同じ組織の同僚や先輩に対して自分の

意思を強引に押し付け論破することが

交渉能力があると錯覚していないでしょうか?

 

人間は一人では生きていけません。

 

卓越した能力があっても、また強力な権限を持っていたとしても

周りの人々の協力なしではいずれは

破滅が待っていると、私は考えます。

 

真面目に結果は充分でなくてもコツコツと

一つずつ積み上げている人たちも十分な

評価を与えるべきではないでしょうか

 

また、実力社会の傾向の中、私の時代とは異なり

各種ハラスメントについてもクローズアップされています。

 

今の各種サラリーマンにおいては

業績や日々の発言・行動全てにおいて短所なく

過ごすことが要求されています。

 

成果さえ出せばよいというものではありません。

経営側もなかなか厳しいところを突きながらも

労働者側が意外とこれらについて容認していることが

十分理解できません。

 

昭和は遠くになりにけり
あ~~、サラリーマン辞めてよかった。

 

前の記事

成功する人の共通点

次の記事

時が経つのは早い!