自己都合退職の待期期間について

こんにちは

今日の日経新聞にこんな記事がありました。
それは、「自己都合の退職 失業給付前倒し」と

いうタイトルのものです。
(3面したの広告の上です)

 

そこでは

「安易な離職につながらないよう自己都合の場合・・・・」
との発言があります。

 

法改正が簡単に行われないことは承知していますが

現在、アノ世界有数の売上高を誇るトヨタ自動車でさえ

「終身雇用は難しい」との考えがある中

時代錯誤感を否めません。

確かに私たちが就職活動をしていた

35年ほど前の社会では転職をすることは

決して良い目で見られませんでした。

 

滅私奉公で定年まで一つの企業で勤め上げることが当然であり、
転職するということは、極論すれば、脱落者と

いうレッテルを張られるような時代でした。

 

現在では、ヘッドハンティングや自身のキャリアアップが

普通となった中、また、各種ハラスメントについても厳しい

(私的には極端すぎるとも感じていますが)環境下において、

自己都合退職に対して、いわば制裁的な規定を

残置することは如何でしょうか?

 

自己都合退職者の待機期間については

この際撤廃してもよいのではと考えますが、如何でしょうか?

前の記事

大きな勘違い

次の記事

成功する人の共通点