改めて「話題の報告書」を読んでみました

 

皆さんこんにちは

先日、話題の金融庁の老後生活に際して

年金の他に2,000万円が必要という記事に

関する、私の思いを書きました。

今日改めて、話題となった報告書全文に目を通しました。
私の立場からすると、野党やマスコミが騒ぎ立てる

2,000万円については、一言触れてあるだけです。

また、年齢別に年金では賄いきれない分について

早くから資産形成を促したり、退職金についても

その運用について説いており決して

目くじらを立てるようなものではなく

その内容は至極真っ当なものと理解しています。

ただ、私として、大きな問題と感じたこともありました。

それは、議論が

1 サラリーマン中心であり、自営業者等厚生年金に

  加入できない方々の対応についてが殆どないこと

2サラリーマンであっても、離婚した場合には、年金分割から

 受給年金額は減少するが、その点については一切触れていない

 

(平成29年厚生労働省人口動態統計によれば、離婚は2分29秒に一組

千人に1.70人が離婚との数値がある)

ことであります。

敢えて言うならばこの2点について

もう少し突っ込んだ議論が行われていたら、と思いました。

是非一度皆さんもこの報告書について

直接目を通してみてくださいね。

色々と参考になることもあるかと思います。

 

参考URLはコチラ

 

前の記事

CFP®認定