退職金受け取りまでの準備

厚生労働省の平成30年就労条件総合調査によれば

大学卒勤続20年以上かつ45歳以上の定年退職に伴い受け取る

退職金は1,983万円となっております。

 

この金額を見ると、過日話題になった年金では2,000万円不足という

議論についても多少の安ど感はあるのではないでしょうか

ただ、問題は、「普段持ちなれない金額」を一時に手に入れることで

気が付いたら退職金がすっからかんという状況になる方も少なくないと言われています。
お恥ずかしい話、かくいう私もそうでした。

 

そんな私が、自らの反省も含めて、皆さんに退職金の無駄遣いを防ぎ

安定した老後生活を過ごしていただくための方策をお話ししたいと思います。

 

それは、50代になったら、毎月一定額の預金を始めることです。

「え~ぇ、だって預金したって殆ど増えないじゃない! 投資信託じゃないの?」

というご意見も聞こえます。

 

そうなんです、一義的には預金です。

何故か?

この預金は資産運用のためではありません。
普段の生活費をサイズダウンするための方策なんです。
私がお勧めしたいのは、50歳になったら毎月5千円、51歳になったら

毎月1万円と毎年5千円ずつアップして10年間で生活費の

支出を毎月5万円預金の形で下げていくことなんです

 

退職金を受け取る間際になると、この生活費のダウンサイズの大きさを大きく

(例えば最初から毎月1万円、5年目で毎月5万円)下げなくてはいけなくなり

なかなか受け入れにくいものとなります。

勿論IDeCoやNISAに投資するならば運用益が出ることも予想されますが

(但し、結果によっては元本割れの可能性を忘れないでくださいね)

 

ここでは、「運用」を目的としたものではないので

あえて「預金」としています。

(勿論「運用」も悪くはないですよ。ただ、預金の方がより身近と思ったので)

 

要は、生活費をダウンサイジングしながら、ダウンサイジングした分を

「貯めておく」ということに主眼を置いています。

 

さぁ、一日でも早く、老後生活を視野に入れ、生活費のダウンサイジングを徐々に

実施し来るべく退職金の受け取り時を心の余裕をもって迎えませんか?