老後資金作りに早過ぎることはない!

Office la vitaの土居です。

金融庁の金融審議会市場ワーキンググループが作成した

「高齢社会における資産形成・管理」と題された

報告書のP16下部にに記載されている

2,000万円の取り崩しが必要、との

記事が話題となりました。

 

要は年金だけでは平均的な支出に対して足りないので

別で2,000万円程度覚悟してね、という意味でしたが

結構波紋を呼びました。

 

この2,000万円には、皆さんの退職金も含まれています。
そう考えると、多少は(本当に多少は)息が

つけるのではないでしょうか。

 

 

とは言っても、やっぱり大きな金額ですよね。
少しでもこの資産形成をするためには、やはり

若い時から準備されるのがベターだと思います。
ここでは是非皆さんに考えて頂きたいのがiDeCoの活用です。

例えば

25歳から60歳まで、35年間毎月1万円をiDeCoに投資し

年利2%で運用したと仮定したら、

その金額は約600万円(出資額は420万円)となります。
実はこの2%というのは控えめな利率と考えています

 

仮によく言われる3%とすれば、約725万円となります。

もしこの600万円を45歳から15年で貯蓄しようとしたら

年利2%として毎月2万9千円の積み立てが必要となります。

 

どちらが資産形成として負担感が無いでしょうか?
ヤッパリ長期にわたった方が負担感が少ないですよね。

 

特にiDeCoの場合利息に対して税金がかからなかったり

投資額が全額所得控除の対象になるというメリットがあります

(但し原則、60歳以降の受給年齢に到達するまで、資産を引き出すことができません)

 

このiDeCoを基に積み立てNISAも考慮しながら

資産形成を考えられては如何ですか?

老後生活の資産作りに早すぎることは無いのですよ。