お金の貯め方にはコツがある!意識すべきポイントと効率の良い6つの貯蓄方法

食料品の値段も上がり
生活する為のお金に注目する方も
多いのではないでしょうか?

本日はお金を貯めるコツと
効率の良い6つの貯蓄方法をご紹介

お金を貯めるコツと効率の良い貯蓄方法

家計の収支を把握して
生活コストを見直す

先取り貯蓄
(積立貯蓄口座や財形貯蓄制度への加入)

目的別に口座を分けて管理

借金や住宅ローンなどの
借入条件を見直して利息負担を減らす

副業で複数の収入源を持って
世帯年収を増やす

各種控除、iDeCoやふるさと納税
つみたてNISAなどの制度を活用

家計の収支を把握して生活コストを見直す
まず初めに実践できることとして、
家計の収支を把握して生活コストの見直し

「お金が貯まらない人の特徴」で解説したように
現時点における資産と負債のバランスを
把握できていない世帯は非常に多く
毎月の収入額はなんとなく分かっていても
支出額まで把握できている人は少数です

収入額と支出額を把握できていなければ
お金の使い方を節約することはできないので
ざっくりとで構いませんので
現在の家計の収支をリストアップして
みてください。

リストアップしておくと便利な項目

収入額(給与額、副業収入など)
食費
趣味・娯楽費
住居費(住宅ローン、家賃など)

水道光熱費、通信費など
生活のために必要な支出

交通費
医療費、保険料
リストアップし終えたら
支出額を見直して節約できそうな
項目にチェックを入れていきましょう

具体的には以下のようなことが考えられます。

食費が多い人
お弁当やマイボトルを持参して
コンビニなどでの買い物を減らす

水道光熱費が多い
料金が安い事業者に乗り換える

通信費が多い人
格安SIMに乗り換える  など

固定費(毎月変わらず支払う金額)は
一度見直しをすることで
節約効果が長く続くのでおすすめです

固定費は、保険の契約内容を見直して
プランを変更する、行かなくなって
しまったジムを退会する、定期購入品
サブスクリプションサービス
商品ごとに料金を払うのではなく

一定期間の利用権として料金を払う
サービスの総称を見直すなどが
挙げられるのでぜひこの機会に
おためしください