投資と投機の違いって何? - officelavitawoman

投資と投機の違いって何?

こんにちは
土居でございます

投資と投機の違いってご存じですか?
最近では多くお金に関するニュースに
触れる機会があると思います

本日は投資と投機の違いについて
ご紹介します

投機的な行為とは
ファイナンシャルプランナーとして
活動させて頂き、お客様のご相談を
承っていて思うことは
投機的な行為を投資だと考えている方が
たいへん多いということです

「今ならどれを買うべきか」という
質問をとても多く受けるのですが

お客様は潜在的に
「早く値上がりする銘柄を教えてほしい」

という思いを抱いてしまっています

知らず知らずのうちに短期スタンスでの
商品選びを行おうとしていることになります

運用スタイルを考える

儲けよう、より大きなリターンを狙おうとすると
どんな行動をとることになるでしょう

過去のデータを分析し
将来の相場の方向性を予想する

そしてどこかの時点で
一番有望と思えるものを購入する

何よりも重要なのは相場勘と
タイミングということになります

「投機」というのは
「機(機会、タイミング)に投げる」の意味で
このようなまとめ買いは往々にして
投機的な行為になってしまいがちです

余裕資金で前もって投資

長期投資ならば個人投資家がプロに打ち勝つ
あるいはプロと共に勝者となることも
難しくなくなります

なぜなら個人投資家には
期間損益を問われる立場のプロが
持っていない「時間」という強みがあり

投資対象自体の価値が増すのを
待つことができるからです

投資対象自体の価値が増せば
それを保有している人すべてが
勝者になることも可能です

投資の本質は成長にある

「投資」というのは
「資(資産、財産、価値あるもの)に
投げる」と書きます

つまり、将来価値が
上がりそうなものを
探すことが重要なのです

「今なら何が」ばかり考えていると
どうしても投機的な行為につながりがちです

もう少し長い目で見て
将来有望そうなものになる可能性があり
高そうなものに自分の資金と時間を投じる

というスタンスで投資対象を探す
ことが最も重要で

「投資の本質は成長にある」と
肝に銘じてください

企業でもサービスでも欲しいサービスを提供する企業は
必然的に株価も上り、社会的な役割が大きくなるので
必然的に価値は上がり続けます